錦織圭 今季4試合目で初白星 目標トップ10返り咲きへ確かな1歩

[ 2021年3月2日 01:56 ]

男子テニスABN・AMROワールド第1日 ( 2021年3月1日    オランダ・ロッテルダム )

シングルス1回戦で勝利した錦織圭(AP)
Photo By AP

 シングルス1回戦で世界ランキング45位の錦織圭(31=日清食品)が世界19位のフェリックス・オジェアリアシム(20=カナダ)を7―6、6―1で破り、今季4試合目で初白星を挙げた。

 昨年9月27日の全仏オープン1回戦エバンス(英国)戦以来155日ぶりの勝利。第1セットは両者1歩も譲らずに突入したタイブレークの末に制した。第2セットは第2、第6ゲームでブレークに成功して圧倒。昨年は新型コロナウイルス感染や右肩故障に苦しんだが、目標に掲げる世界トップ10返り咲きに向けて、確かな1歩を踏み出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月1日のニュース