競歩男子・山西、大会新連覇 五輪代表3選手出場“プレ五輪”で「結果を出せてホッ」

[ 2021年2月22日 05:30 ]

陸上・東京五輪代表選考会兼日本選手権20キロ競歩 ( 2021年2月21日    神戸市・六甲アイランド甲南大周辺コース )

序盤デッドヒートを繰り広げる(左から)山西、池田、高橋(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 男子は東京五輪20キロ代表の山西利和(25=愛知製鋼)が1時間17分20秒の大会新記録で2連覇した。

 男子の五輪代表3選手が出場した“プレ五輪”は、19年世界選手権王者の山西が制した。五輪でメダル争いが予想されるライバルたちに先着し「優勝という結果を出せてホッとしている」と安どの表情を浮かべた。

 結果だけではなく内容でも金メダル級の収穫を得た。東京五輪を見据え「レースをコントロールした上で勝つ」というテーマを持って出場。12キロすぎに山西が3分45秒という世界記録を上回るペースに上げて揺さぶると池田、高橋両選手が脱落。山西は「最後にスプリント勝負に持ち込むことなく勝てたのは自分の力が出せた」としたり顔で語った。

 京大工学部出身ウオーカーということで注目されたが、いまや押しも押されもせぬ五輪金メダル最有力候補として認められている。「目標は金メダルに置いている。どうトライするかは、この半年間できっちりと詰めたい」と金メダルへの設計図は頭の中にある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月22日のニュース