日本相撲協会、22日に臨時理事会を開催 時津風親方退職処分へ…後継には間垣親方が有力

[ 2021年2月22日 05:30 ]

大相撲・時津風親方
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は、22日に臨時理事会を開催する。協会の定めた新型コロナウイルスの感染対策ガイドラインに違反した時津風親方(元幕内・時津海)の処分を決める見込み。

 既にコンプライアンス委員会が関係者の聴取を完了しており、同親方の退職で意見をまとめた。退職した場合の時津風部屋の後継には間垣親方(元幕内・土佐豊)が有力視されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月22日のニュース