クレルモン・松島「最後は絶対にトライしたい」 3週間ぶり復帰で貪欲プレー見せた

[ 2021年2月22日 05:30 ]

ラグビー・フランス1部第17節   クレルモン73-3バイヨンヌ ( 2021年2月20日    クレルモンフェラン )

<クレルモン・バイヨンヌ>後半、トライを決めるクレルモンの松島(右)(共同)
Photo By 共同

 クレルモンはホームでバイヨンヌと対戦し、73―3で快勝。右太腿裏痛から3週間ぶりに復帰したFB松島幸太朗(27)は、先発して後半39分にリーグ通算4トライ目をマーク。チームも4位に浮上した。

 すでに勝負は決していても、松島は「最後は絶対にトライしたいと思い、かなり速く走った」と貪欲だった。後半39分、敵陣左サイドへ攻め込んだ味方を最後方から全力疾走でサポートし、ラストパスをもらってリーグ戦では出場6試合ぶりのトライ。思わず笑みを見せ「(ケガも)いい状態になっている。問題ない」と話した。

 序盤は「ケガ明けなのでコントロールした」と無理せず。チームのトライショーのサポート役に徹したが、徐々に体が温まると、中盤以降は持ち味を発揮。自陣から大きくキャリーするシーンもあり、復活を印象づけた。それでも本人は「60点ぐらい。もっと連続攻撃の時に顔を出せる」と自己評価は低め。さらなる活躍を予告した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月22日のニュース