大坂なおみ優勝の全豪女子決勝 視聴率19・5%

[ 2021年2月22日 10:12 ]

テニスの全豪オープン女子シングルスで2年ぶりの優勝を果たし笑顔を見せる大坂(AP)
Photo By AP

 NHKが20日に中継した「全豪オープンテニス女子シングルス決勝」の平均世帯視聴率が19・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。

 大坂なおみ(23=日清食品)が2年ぶり優勝を飾った一戦。第3シードの大坂は、世界ランキング24位のジェニファー・ブレイディ(25=米国)に6―4、6―3で勝利し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。18年全米、19年全豪、20年全米に続く、4大大会4勝目。グランドスラムの準々決勝以降で負けない不敗神話を継続し、昨年8月から続く公式戦の連勝も21に伸ばした。

 21年最初の4大大会を制し、同年に全豪、全仏、ウィンブルドン、全米のグランドスラムに加え、五輪も制す5冠を達成する“ゴールデンスラム”の挑戦権を得た。4年に1度しかチャンスのないだけに、プロ参加が解禁となったソウル五輪が開催された88年にシュテフィ・グラフ(ドイツ)が達成したのが最初で最後。史上2人目の偉業に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月22日のニュース