JT、2季連続3度目V 吉原監督「選手たちが頑張ってくれた」 レギュラーシーズン21戦全勝の東レ撃破

[ 2021年2月22日 05:30 ]

<JT・東レ>連覇を果たして歓喜するJTの選手たち
Photo By スポニチ

 バレーボールVリーグ女子プレーオフ決勝が21日、東京・大田区総合体育館で行われ、昨季女王のJTが東レを3―1で下し、2季連続3度目(前身のプレミアリーグ時代を含む)の優勝を飾った。今季レギュラーシーズン21戦負けなしで1位の東レを撃破しての栄冠。吉原知子監督(51)は一からチームをつくり直して連覇に導いた。3位決定戦はNECがデンソーを3―1で下した。

 勝利の瞬間、JTの吉原監督はスタッフたちと肘タッチを交わした。「ようやく後半にかけて固まってきたかなって感じ。良かったり悪かったり、コンディションづくりも含めて苦労しました」と安ど。

 レギュラーシーズン21戦全勝の東レの黒後、石川ら攻撃陣を封じ「決定率をどう抑えるかというところで、うまくコントロールできた」。再び立った頂点に「選手たちが頑張ってくれた」と喜びをかみ締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月22日のニュース