競歩界の絶対女王、岡田7連覇ならず 「自滅」も「負けをプラスに」前を向く

[ 2021年2月22日 05:30 ]

陸上・東京五輪代表選考会兼日本選手権20キロ競歩 ( 2021年2月21日    神戸市・六甲アイランド甲南大周辺コース )

藤井(左)を祝福する岡田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 7連覇を阻まれた岡田の心中は複雑だった。目をかけてきた藤井に負けた悔しさと、女王の重圧から解放された安どが入り交じった。

 「連覇を意識しすぎたのか自滅しました」。会見では声を詰まらせる場面があった。昨年はリンパ節が腫れる症状に悩まされ、練習できなかった影響が残る。

 東京五輪へ「今日の負けをプラスにできる原動力があるので頑張っていきたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月22日のニュース