×

森会長、著名人聖火ランナーに「走ってくださいとも走ってくださるなとも言う立場にない」会見全文(3)

[ 2021年2月4日 16:17 ]

会見で謝罪する森喜朗会長(Tokyo2020公式ライブ配信より)

 女性蔑視とも取れる発言で物議を醸している東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が4日、都内で会見を行った。会見の冒頭で語った森会長との一問一答は以下の通り。

 ――聖火リレーで愛知県で走る予定だったロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが森会長の発言により辞退されたが、どう受け止められるか。

 「まあなんか昨日のことに合わせて報道されていたんでしょうが。昨日の会合ではないと思いますよ。一昨日、自民党の会合で質問があったから。各県がやっておられる実行委員会にお願いしていて。基本的には密を避けてやってほしいと言っているんだと。その中で、人気があるタレントさんはできるだけ人が集まってくるところはご遠慮していただくようになったほうがいいかなと私は思っていると。それを指示したとか…そういう誰が走るかとか何キロ走るかとか実行委員会が決めて作られていることですから。県に言えることは、できるだけ密を避けて下さいと。密とはなんだとファンがうわーと集まってくる。ですからね、タレントさんが来ればみんな集まってくる。そうすると密になるから、それをどう避けられるだろうか。という話の例で、国会議員がたくさんおらまして、何もないところであれば、田んぼで走るしかないねと。田んぼで走れば、作業前ですから農作業に迷惑をかけたりしないねと。空があるから空気がこもらないし。それしかないですねという意見もありますということを紹介しただけで、組織委員会がそういうことをすると言ったわけでもなんでもない。それもこれも実行委員会で伺いをいただき、ご検討いただいて決めて頂きたいと。その例として申し上げた」

 ――著名人のランナーに走っていただきたい考えに変わりはないか。

 「私は走ってくださいとも走ってくださるなとも言う立場にありません。お決めいただいた方には所定の手続きをされて。私は見たことがありません。誰が走るか、一切知りません」

 ――会長は女性は話は長いという認識か。

 「最近、女性の話を聞かないからあんまりわかりません」

 ――小池都知事は「話が長いのは人によります」と話している。

 「私も長い方です」

 ――国会議員でも女性の割合を決めておく話も盛り上がっているが。

 「それは民意が決めることじゃないんですか。反対でも賛成でもありません。国民が決めること」

 ――誤解を招く表現や不適切な発言と言ったが、どこがどう不適切か。

 「男女を区別するような発言をしたということです」

 ――オリンピック精神に反するという話もしていたが、そういった方が組織委員会の会長をすることは適任か。

 「さあ。あなたはどう思いますか。(適任ではないと思う)じゃあそういう風に書きなさい」

 ――会長としての発言ではないので責任問われない趣旨の話をしていたが。

 「責任が問われないとは言っていませんよ。場所をわきまえてちゃんと話したつもりです。

 ――組織委としての場ではないからあの発言よかったということか。

 「そういうことではありませんよ。組織委員会はとてもよかったと私は言っている。全部見てから質問してください」

 ――わきまえるという表現は、女性は発言を控える立場という認識か。

 「そういうことでもありません。場所だとか時間だとかテーマだとか。そういうものにやっぱり合わせて話をすることが大事なんじゃないですか。そうしないと会議は前に進まないんじゃないですか。(それを女性と限る必要があったのか?)だから私も含めてと言っているんじゃないですか。面白おかしくしたいから聞いているんだろ(何が問題と思っているか聞いているんです)だからさっきから話している通りです」

 ――女性が多いと時間が長くなるという発言を誤解と表現したが、誤った認識ではないか。

 「そういうふうに聞いておるんです。去年から一連のガバナンスに基づいて、各協会や連盟の評議委員の皆さん苦労しておられたようです。私は昔は全体を統括する体協、今のスポーツ協会の会長をしておりましたから、どの団体の皆さんとも親しくしております。そういう意味で、いろいろ相談にも来られます。その時になかなか大変なんですということでした。特に山下さんの時はJOC理事会の理事をかなり削って、女性の枠を増やさないといけないということで大変苦労したという話をしておられて。理事の中でも反対があって、大変だった、何とかここまでたどり着けましたという苦労話を聞いていた」

 ――各競技団体から女性が多いと会議が長いという話があがっているのか。

 「そういう話はよく聞きます。(どういう内容か)それは言えません」

 ――女性が多いと会議が長くなるの根拠に基づいた発言と思えないが。

 「さあ。僕はそういうことを言う人はどういう根拠でおっしゃったか分かりませんけど。自分たちが女性の理事をたくさん選んだけども、結果としていろんなことがあったという。そんな話を聞いたことを思い出して言っているんです。山下さんにそういうことでこれから苦労されますよと言っている」

 ――今回の発言でみんな怒っているが、森さんの五輪を見たくないという声もネットなどで上がっている。

 「謙虚に受け止めております。だから、撤回をさせていただきますと言っているんです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月4日のニュース