×

萩野公介は6位 ライバル瀬戸と再戦も「僕自身が不甲斐ない泳ぎをしてしまった」

[ 2021年2月4日 17:18 ]

競泳ジャパン・オープン初日 ( 2021年2月4日    東京アクアティクスセンター )

<ジャパンオープン>萩野の自由形(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子400メートル個人メドレー決勝では同種目の16リオデジャネイロ五輪金メダリストの萩野公介(26=ブリヂストン)は4分16秒38で6位だった。復帰戦で優勝したライバルの瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)に敗れたが、「僕自身が不甲斐ない泳ぎをしてしまった」と視線を自らに向けた。

 「(4分)16秒はいくらなんでも遅すぎる」とし「改善の余地がある」と話した萩野は6日の200メートル個人メドレーにも出場予定。「まずは集中してそちらを頑張りたい」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月4日のニュース