女子セブンズ大竹風美子「UDN SPORTS」とマネジメント契約 香川、桃田ら所属

[ 2020年10月29日 14:26 ]

大竹風美子
Photo By スポニチ

 7人制ラグビー女子日本代表候補の大竹風美子(21=日体大)が、「UDN SPORTS」とマネジメント契約を締結した。29日に同社が発表した。大竹は中高時代は陸上競技を行い、中学時代は100メートル、200メートルの東京都大会優勝、東京高時代は七種競技で全国総体6位入賞を果たした。日体大入学後からラグビーに転向し、競技歴1年半で代表入りを果たした逸材。大学卒業後はプロとして競技に集中していく予定で、同社がサポートを担う。

 大竹は同社を通じ「私は、大学卒業後にプロラグビー選手となり、ラグビー界だけでなくスポーツ界を引っ張っていけるようなアスリートを目指したいと思っています。さまざまな競技のトップアスリートが多く在籍しているUDN SPORTSで、アスリートとしてだけでなく、人としても成長していく姿を、多くの方に応援していただけるとうれしいです」とコメントした。

 マネジメント会社「UDN SPORTS」はサッカーの香川真司や原口元気らをはじめ、バドミントンの桃田賢斗、陸上競技・短距離のサニブラウン・ハキームらが所属している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月29日のニュース