パラ・パワーリフティングの山本、小学生139人に授業「凄いと思ってくれるようになった」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

「あすチャレ!ジュニアアカデミー」の講師を行う山本(提供写真:日本財団パラリンピックサポートセンター)
Photo By 提供写真

 パラ・パワーリフティング女子55キロ級で日本記録保持者の山本恵理(37=日本財団パラリンピックサポートセンター)が28日、東京パラリンピック開幕300日前の節目に、神戸市立本庄小学校の4年生(139人)に向けて授業を行った。

 「あすチャレ!ジュニアアカデミー」と題し、現役パラアスリートと対話しながら共生社会を学ぶワークショップ型の授業。山本は「東京で開催が決まり、子供たちが“パラアスリートって凄い”と思ってくれるようになった。本番では練習期間がプラスされた分、強くなった姿を見せたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月29日のニュース