ケンブリッジ、9秒台期待 好記録出やすい標高1000メートル

[ 2020年9月6日 05:30 ]

ケンブリッジ飛鳥
Photo By スポニチ

 陸上の富士北麓ワールドトライアルは6日、山梨・富士北麓公園陸上競技場で行われる。

 同会場は標高約1000メートルで空気抵抗が小さいため好記録が出やすいとされているだけに、男子100メートルに出場するケンブリッジ飛鳥(27=ナイキ)の9秒台に期待が高まる。山梨陸上競技協会の半田昌一専務理事によると、男子100メートル開始時間の午後1時半すぎには、ホームストレートに追い風が吹く確率が高く、絶好の条件になるという。半田専務理事は「代表選手は合宿に使用している会場なので慣れている。9秒台も期待できる」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月6日のニュース