“新世紀世代”山下 粘って初の予選通過「一打一打集中したい」

[ 2020年9月6日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ゴルフ5レディース第2日 ( 2020年9月5日    岐阜県 GOLF5カントリーみずなみC=6571ヤード、パー72 )

1番、ティーショットを放つ山下
Photo By 代表撮影

 新世紀世代の山下が上位で踏みとどまった。

 過去最高の3位発進が重圧となり、出だしで連続ボギー。それでも8番から3連続バーディーなどで71。「(出来は)50点ぐらい。ショットが曲がってアプローチもミスしてしまった」と口にしたが首位とは5打差の4位でプロ初の予選通過。「アンダーで回ることが目標なので一打一打集中したい」と足元を見つめながら最終日に臨む。

 ▼3位蛭田みな美 ショットの調子が良いので攻めていってバーディーを取りたいと思います。(14年日本女子アマ優勝者。初Vへ首位と4打差)

 ▼4位渡辺彩香 3週連続で予選を通るのは何年ぶりかな。ゴルフが楽しくなりました。前半から飛ばして追い掛けます。(パターを短く持ってパットが復調。開幕戦に続く今季2勝目へ5打差)

 ▼35位鈴木愛 13番からずっとバーディーチャンスだったのに一つも入らない。唯一入ったのが16番のコレ(30センチ)だけ。(パットのタッチが合わず下位で足踏み)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月6日のニュース