ウィンブルドン75年ぶり中止 出場見込み選手に賞金

[ 2020年7月11日 05:30 ]

 テニスのウィンブルドン選手権を主催するオールイングランド・クラブは10日、75年ぶりの中止となった今年の大会の本戦や予選に出場が見込まれた620選手に対し、総額1000万ポンド(約13億5000万円)の「賞金」を支払うと発表した。

 保険が適用され、資金を捻出できたという。世界ランキングを基にシングルスの本戦から出場するはずだった256選手は各2万5000ポンド、予選からの出場が想定された224選手は各1万2500ポンドが支給されるという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月11日のニュース