五輪内定の喜友名、軽度肺炎で入院 PCR検査は陰性

[ 2020年7月11日 05:30 ]

形を演武する喜友名諒
Photo By スポニチ

 空手の形男子で東京五輪代表に内定している喜友名諒(29=劉衛流龍鳳会)が、軽度の肺炎で先週から沖縄県内の病院に入院していることが10日、分かった。関係者によると、発熱を繰り返す症状が見られたため検査。肺に異常が見られ、そのまま入院した。新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査は、陰性が確認された。

 現在、熱は落ち着いているものの、大事を取ってさらに1週間程度は入院する予定。12日に全日本空手道連盟がYouTubeで配信する全国高校空手道形インターネットGPには、予定通りゲスト出演する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月11日のニュース