日本相撲協会・芝田山広報部長 コロナ対策は「今の状況継続」

[ 2020年5月22日 05:30 ]

日本相撲協会の芝田山広報部長
Photo By スポニチ

 5都道県で緊急事態宣言が継続されることになり、日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が21日、報道陣の電話取材に応じ、「今の状況を継続していく。一人一人、気を引き締めていくしかない」と話した。同協会は900人超の協会員を対象とし、新型コロナウイルスの感染歴などを調べる抗体検査を行っており、6月中に終了する予定。現在は出稽古が禁止されているが、同部長は「どこまで稽古の内容を変えていけるのか。抗体検査でどういう結果が出るかにもよる」との見解を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月22日のニュース