時松隆光 地元福岡・那珂川市に消毒液845本寄付「子どもたちの笑顔が早く戻ることを祈って」

[ 2020年5月22日 14:44 ]

地元の子どもたちに消毒液を寄贈した時松選手会長
Photo By 提供写真

 日本ゴルフツアー機構は22日、ジャパンゴルフツアー選手会長の時松隆光(26=筑紫が丘GC)が自身の地元である福岡県那珂川市を通じてアルコール消毒液845本を同市の3幼稚園、7小学校、3中学校に寄付したと発表した。

 この日、那珂川市役所で寄贈式が行われ、時松も出席。「選手会長という大役をいただいた初年度の今年は、経験したこともない事態にみまわれ、いちプロゴルファーとしても、何か社会のお役に立ちたいという気持ちは募るばかりでした。少しでも安心、安全な学校生活を送ってもらいたいと消毒液を届けることに決めました。校庭にも子どもたちの笑顔が、出来るだけ早く戻ることを祈っています」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月22日のニュース