神鋼カーターの退団を発表 主将のエリスも

[ 2020年5月22日 14:06 ]

神戸製鋼・カーター
Photo By スポニチ

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は22日、世界最優秀選手賞3度受賞で、ニュージーランド代表112キャップのSOダン・カーター(38)の退団を発表した。18年に加入し、初年度にチームを15季ぶり優勝に導き、MVPに輝いた。首の手術を経て臨んだ契約ラストイヤーとなる2年目の今季は、新型コロナウイルスの感染拡大で打ち切りになるまでの6試合中5試合に先発し、6戦全勝に貢献していた。

 カーターの盟友で、6年在籍した共同キャプテンのSHアンドリュー・エリス(36=ニュージーランド)も退団する。このほかに10人がチームを離れる。

 主力2人が抜ける上に選手の高齢化も目立っているため、名門は転換期を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月22日のニュース