コロナでデザイン 東京五輪エンブレム撤回 外国特派員協会の月刊誌、編集長は辞任

[ 2020年5月22日 05:30 ]

日本外国特派員協会の月刊誌に掲載された、東京五輪の大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザイン(同協会のホームページから)
Photo By 共同

 日本外国特派員協会の月刊誌の表紙に東京五輪の大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインが掲載され、大会組織委員会が取り下げを求めた問題で、同協会は21日、デザインを撤回して公式サイトに掲載した表紙部分を削除すると発表した。月刊誌の編集長は辞任したという。

 会見した同協会のアズハリ会長は「不快な思いをされた各方面の方々におわび申し上げる」と謝罪する一方、「これは表現の自由ではなく、著作権を巡る問題」と強調。会員からも「パロディーは芸術。先進国で理解しないのは日本ぐらいだ」などと不満が続出し、同会長は「日本は著作権に関する規制が厳しい」と説明した。撤回を受け、組織委の武藤事務総長は「適切な判断をしていただいた」と評価した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月22日のニュース