高グリップ性能でワイドモデルのスパイクレスシューズが話題

[ 2020年5月22日 05:30 ]

見た目もスポーティーなデザイン設計となっている「ゼロ・スパイク バイターワイド(SHG080)」
Photo By 提供写真

 ブリヂストンスポーツは幅広の新スパイクレスシューズ「ゼロ・スパイク バイターワイド(SHG080)」をオープン価格で発売中。

 「幅広でスポーティーなスパイクレスシューズを履きたい」というニーズに応えたワイド設計で、高いグリップ力を追求。ゆったりした履き心地が得られるとともにアッパーにはグラフィックプリントを施し、見た目にもスポーティーなデザイン設計となっている。

 アウトソールは高いグリップ性能を発揮し、契約選手も愛用する「ゼロ・スパイク バイターツアー」の突起形状を踏襲。機能面では「Boaフィットシステム」を搭載し、ダイヤル操作で手軽にフィット感を調整できる。また、雨にも強い防水仕様となっているので梅雨の時期にもぴったりだ。

 同社はタイヤ開発で培った独自の解析やシミュレーション技術などを活用し「接点を科学」することでユニークな商品開発やサービス提供につなげており「ゴルファーの皆さまにワクワク感や笑顔、感動をお届けしていきます」としている。

 サイズは24・5~27、28センチで足幅はいずれも4E。トリコロール、白&黒の2色展開。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月22日のニュース