力士らは無念…白鵬「目標がいったんなくなり今は残念な気持ち」

[ 2020年5月5日 05:30 ]

大相撲夏場所中止

横綱・白鵬
Photo By スポニチ

 夏場所中止の発表を受けて、角界を代表する力士が心境を寄せた。

 第一人者の横綱・白鵬は「目標がいったんなくなり今は残念な気持ちだが、こういう状況だから仕方ない」と受け止めた。7月の本場所開催がなくなった名古屋のファンには「まだ先の見えない闘いですが、このコロナウイルスが収まった時には名古屋のファンの皆さまとも触れ合うことができたら」とメッセージを送った。

 また、横綱・鶴竜は「今できることを継続して行い、7月場所で皆さんに元気な姿を見てもらえるようにしっかり準備します」と気持ちを切り替え、次場所をカド番で迎える大関・貴景勝は「引き続き、基礎運動を中心に体全体を鍛えていきます」と精進することを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月5日のニュース