女子ゴルフ・上原彩子らが寄付 火災で焼失の首里城再建へ約250万円

[ 2020年5月5日 05:30 ]

首里城再建へチャリティー金を寄付した上原彩子
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの上原彩子(36=モスバーガー)が呼び掛けた那覇市の首里城再建のための慈善活動で249万9307円が集まり、上原や比嘉真美子(26=TOYO TIRE)、新垣比菜(21=ダイキン工業)ら沖縄出身の女子ゴルファー14選手が同市に寄付した。

 上原は4日に「沖縄出身プロの心が一つになって動けたことは良かった」と談話を出し、寄付者、グッズなどを提供したスポーツ選手らへの感謝を述べた。首里城は昨年10月の火災で正殿などが焼失。今年3月の慈善ゴルフ大会は新型コロナウイルスの影響で中止になったが、参加予定者らから寄付が集まった。

 上原は1月にも自身のカレンダーの売り上げなど170万円余りを寄付。主戦場とする米国から3月下旬に帰国し、沖縄の自宅で練習しているという。「今できることを行い、(再開後に)ゴルフの魅力を感じてもらえるように頑張りたい」と述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月5日のニュース