NFLが英国とメキシコ開催の試合を中止 新型コロナの影響で米本土開催へ

[ 2020年5月5日 11:55 ]

2014年にファルコンズ対ライオンズが行われたロンドンのウェンブリー・スタジアム(AP)
Photo By AP

 NFLは4日、英国のロンドンとメキシコシティーで行う予定だった今季の5試合を取りやめ、すべてホーム扱いとなっていたチームの米本土での本拠地で試合を行うことにした。

 新型コロナウイルス感染の影響で、ファンや選手、スタッフの安全面を確保するために移動を最小限にするのが狙いで、海外遠征を取りやめてホームでの試合が増えるのはジャガーズ(フロリダ州ジャクソンビル)、ファルコンズ(ジョージア州アトランタ)、ドルフィンズ(フロリダ州マイアミ)、カージナルス(アリゾナ州グレンデール)の4チーム。NFLはロンドンでは2007年以来、毎年レギュラーシーズンの試合を開催し、メキシコシティーでは2016、17、19年の3回試合を行っていた。

 なおNFLは7日に今季の全日程を発表することになっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月5日のニュース