トライアスロン 新たな代表選考基準を設定へ

[ 2020年3月26日 05:30 ]

 日本トライアスロン連合は五輪延期を受け、国際トライアスロン連合が今後定める指針に基づいて、新たな代表選考基準を設定する意向を示した。

 土屋佳司強化進行管理ディレクターが25日に取材に応じ、これまでの選考対象大会の結果を含めて「総合的に評価し、選考規定を考えていきたい」と説明。日本は開催国として男女2枠ずつあり、国際大会による五輪ランキングで3枠目の獲得を目指している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月26日のニュース