羽生結弦、新浜立也が最優秀選手 日本スケート連盟

[ 2020年3月26日 05:30 ]

2019~20年シーズンの最優秀選手に選ばれたフィギュアスケートの羽生結弦(左)、スピードスケートの新浜立也
Photo By スポニチ

 日本スケート連盟は25日、2019~20年シーズンの最優秀選手に相当するJOC杯をフィギュアの羽生結弦(ANA)、スピードの新浜立也(高崎健康福祉大職)に贈ることを決定。羽生は四大陸選手権を制し、男子で初めてジュニア、シニアの主要国際大会全制覇を達成。新浜は世界選手権の男子スプリント部門を制した。

 優秀選手はスピードで世界距離別選手権女子500メートル優勝の小平奈緒(相沢病院)、世界選手権の女子スプリント部門総合優勝の高木美帆(日体大助手)ら、フィギュアは四大陸選手権で女子2連覇の紀平梨花(関大KFSC)らが選ばれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月26日のニュース