自転車・梶原悠未 筑波大卒業式 五輪延期も前向き「それだけ強くなれる」

[ 2020年3月26日 05:30 ]

卒業式に参加し桜のもと笑顔を見せる梶原悠未(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 自転車トラックのオムニアム世界選手権女王、梶原悠未(22)が25日、筑波大の卒業式に出席した。既に東京五輪出場を確実にしており、本番へピークを合わせる状況で延期が決定。今後出場予定だった大会の中止も決まり、全ての練習計画が白紙となった。

 「逆算が難しい」と吐露しながらも「スピードに加え、持久力も世界トップレベルに引き上げたい」と前向き。筑波大大学院に進む金メダル候補は「時間が長くなれば、それだけ強くなれる。今まで以上に進化した状態で東京五輪に臨めるように準備したい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月26日のニュース