レイカーズ5連勝 ジェームズが逆転シュート あす故ブライアント氏の一般葬儀

[ 2020年2月24日 15:31 ]

ボーゲル監督と作戦を確認するレイカーズのジェームズ(AP)
Photo By AP

 NBAは23日に各地で7試合を行い、西地区全体首位のレイカーズは、24日に故コービー・ブライアント氏の一般葬儀が営まれるロサンゼルスのステイプルズセンターで東地区全体3位のセルティクスに114―112(前半56―54)で競り勝って43勝12敗。29得点、8リバウンド、9アシストを稼いだレブロン・ジェームズ(35)が109―110で迎えた残り30・4秒、右サイドからフェードアウトしながらのジャンプシュートを成功させてチームを5連勝に導いた。

 アンソニー・デービス(26)は32得点と13リバウンドをマーク。レイカーズは1月20日に敵地ボストンで行われたこのカードでは107―139で敗れていたが、ホームでは雪辱を果たした。

 ドラフト全体トップで指名されたペリカンズのザイオン・ウィリアムソン(19=198センチ、129キロ)は敵地サンフランシスコでのウォリアーズ戦で先発。28分の出場で28得点と7リバウンドをマークし、115―101(前半46―56)での勝利に貢献した。ペリカンズはここ6戦で5勝目を挙げ、膝の故障で出遅れたウィリアムソンのデビュー以来の戦績は7勝5敗となった。また20得点以上はこれで8試合連続(24→21→20→21→31→32→25→28)。今季の新人の中ではただ1人の記録を継続している。

 ペイサーズに36点差で圧勝した東地区全体2位のラプターズはここ18戦で17勝目。西地区全体6位のサンダーはスパーズに快勝して3連勝を飾っている。

 <23日の結果>
*ブルズ(20勝38敗)126―117ウィザーズ(20勝35敗)
*レイカーズ(43勝12敗)114―112セルティクス(39勝17敗)
*ラプターズ(42勝15敗)127―81ペイサーズ(33勝24敗)
*ナゲッツ(39勝18敗)128―116ティンバーウルブス(16勝39敗)
*サンダー(35勝22敗)131―103スパーズ(24勝32敗)
ペリカンズ(25勝32敗)115―101*ウォリアーズ(12勝45敗)
*トレイルブレイザーズ(26勝32敗)107―104ピストンズ(19勝40敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月24日のニュース