田代、リオ金撃破で2大会連続五輪当確「やっとスタートライン」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

柔道 グランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会第2日 ( 2020年2月22日    ドイツ・デュッセルドルフ )

女子63キロ級決勝で優勝した田代(左)
Photo By 共同

 女子63キロ級の田代が2大会連続の五輪代表を当確とした。決勝で過去9戦全勝だったリオ五輪金メダリストを冷静に攻略し、大内刈りと寝技で合わせ技一本。「結果を出せたことで、やっと(五輪の)スタートラインに立てた」と笑顔が広がった。

 年明けにコマツの松岡義之師範から「意地がない」と活を入れられ尻に火が付いたといい「もっともっと努力したい」と視線を先に向けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月24日のニュース