メキシコでチーフスが勝利 チャージャーズのQBリバースは4度のインターセプト

[ 2019年11月19日 15:24 ]

メキシコシティ―のアステカスタジアムで行われたチーフス対チャージャーズ戦(AP)
Photo By AP

 NFLは18日、メキシコシティーのアステカスタジアムに7万6252人の観客を集めて第11週の残り1試合を行い、チーフスが24―17(前半10―9)でチャージャーズを下して7勝4敗。昨季のMVPとなったQBパトリック・マホームズ(24)のパス獲得は182ヤードにとどまったが、ルショーン・マッコイ(31)とダレル・ウィリアムス(24)の両RBがランでTDを奪ってAFC西地区首位の座を堅持した。

 チャージャーズは4勝7敗。QBフィリップ・リバース(37)はパスで353ヤードを獲得したが、7点差を追って迎えた第4Qの残り18秒、エンドゾーンめがけて走ったRBオースティン・エッケラー(24)へのパスをチーフスのセーフティー、ダーレン・ソーレンセン(29)にインターセプトされて同点機を逃した。

 ホーム扱いだったチャージャーズはオフェンスの総獲得でチーフスを128ヤード上回る438ヤードを稼ぎながらTDは第4Q残り1分44秒の1つだけ。リバースはチーフス守備陣に4度のインターセプトを喫するなど、詰めを欠いてチームを勝利に導けなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月19日のニュース