東京五輪マラソン&競歩 札幌・大通公園発着点で一致 2回目の実務者会議

[ 2019年11月19日 05:30 ]

マラソンのスタート予定の大通西4丁目(ススキノ方面に向かって)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会、札幌市、北海道は18日、札幌市で2回目の実務者会議を開催。会場はマラソン、競歩とも市中心部の大通公園を発着点とすることで一致した。12月4日のIOC理事会での承認を目指す。組織委の森泰夫大会運営局次長は「関係設備や人員の態勢を共用でき、コースを設定しやすい」と自信をみせた。

 具体的なコースについて組織委は、マラソンは約20キロを2周する案、競歩は20キロ用の1キロコースと50キロ用の2キロコースを設ける案を提示した。いずれも発着点は大通公園と札幌駅前通がぶつかる大通西3、4丁目が有力。マラソンはさっぽろテレビ塔やJR札幌駅付近、北大キャンパスを通って中心部に戻る。競歩はJR札幌駅から延びる目抜き通りの札幌駅前通を往復する。今後も協議を続けるが、組織委は「できる限り早めに決めたい」とした。

 その一方で日程問題は八方ふさがりな状態。すでに最終日に予定されていた男子マラソンの日程の前倒し案はIOCから“待った”をかけられて頓挫。森次長は「(男子を)最終日に行うということであれば、なかなか当日移動するのが難しい。(表彰式を札幌で?)選択の中にあるかもしれません」と男子マラソンの表彰式を札幌で行う案も新たに視野に入れていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月19日のニュース