大鵬の孫・納谷幸成 新弟子検査で体格基準をクリア しこ名は「夢道鵬」

[ 2019年10月31日 05:30 ]

11.10初日 九州場所

新弟子検査で身長を計測する納谷幸成
Photo By 共同

 九州場所の新弟子検査が福岡市内で行われ、優勝32度を誇る元横綱・大鵬(故人)の孫、納谷幸成(18=大嶽部屋)ら受検した2人とも身長1メートル67、体重67キロ以上の体格基準を満たした。内臓検査の結果を待ち、初日に合格者が発表される。

 1メートル83、135キロでパスした納谷は、祖父から1字を譲り受け、夢道鵬(むどうほう)のしこ名でデビューする予定という。「憧れていた相撲の世界にやっと入れたという気持ち。注目に見合った活躍をしたい」と意気込んだ。元関脇・貴闘力の四男で、3番目の兄も大嶽部屋の幕下力士。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年10月31日のニュース