ラグビーW杯優勝予想、日本が27%で2位!注目選手は松島がトップ スカパー!調べ

[ 2019年10月18日 21:29 ]

<日本・スコットランド>前半、トライを決める松島(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を放送する「スカパー!」は18日、ラグビーに関心がある全国の1000人に聞いたアンケート結果を発表し、W杯優勝国を日本と予想した人が27・0%に上ることを明らかにした。

 アンケートは、1次リーグ最終戦で日本がスコットランドを下して史上初の8強進出を決めた13日を含む、今月11日から13日の3日間、ラグビーに関心がある20~59歳の男女1000人を対象にインターネットで実施。今年7月にも同様のアンケートを行ったが、W杯の盛り上がりの中、どのように意識が変化しているかを調査した。

 優勝国予想の1位はニュージーランドで、今回の調査では実に40・6%が王者の3連覇を予想。「日本優勝」は前回と変わらず2位だったが、14・0%だった7月調査から13ポイント上昇し、今回は27・0%が日本の初制覇へ1票を投じた。アイルランド、スコットランドを撃破しての1次リーグ1位突破で、日本代表への期待が大きく高まっていることを示した形だ。

 また、日本の勝利数予想では5勝とした人が31・1%、6勝が10・7%、7勝が14・5%。5勝以上とした人が56・3%を占めた。

 ラグビーに関心を持った時期を聞くと、61・2%が「W杯日本大会が始まる前」、38・8%が「始まってから」と回答。女性は47・0%が「始まってから」関心を持ったと答えた。ラグビーに関心を持ったきっかけを複数回答で聞くと、「前回W杯で日本代表が活躍した」が43・7%、「現在W杯が日本で開催されている」が42・3%だった。

 また、日本代表の注目選手(複数回答)は、今大会通算5トライを挙げている俊足WTB松島幸太朗(26)が36・3%でトップ。2位はチームをまとめる主将のリーチ・マイケル(31)の33・9%、3位には“ジャッカル”で話題のNo・8姫野和樹(25)の27・0%、4位は3試合連続トライのWTB福岡堅樹(27)の24・8%、5位に正確なキックで貢献するSO田村優(30)の21・5%が続いた。姫野は7月調査の7位から、福岡は8位、田村は10位から注目度がアップしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月18日のニュース