中村亮土 松島、福岡に厳命「2トライずつして」 恒例予告質問に回答

[ 2019年10月18日 14:08 ]

ラグビーW杯2019準々決勝   日本―南アフリカ ( 2019年10月18日    味スタ )

日本代表会見で中村(右)に2トライ取るように言われ、苦笑いする福岡(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本代表が18日、都内で南アフリカ戦に向けたメンバー23人を発表した。4戦連続でCTBで先発する中村亮土(28=サントリー)が、WTB福岡堅樹(27=パナソニック)と会見に出席。1発目から「松島と福岡が何トライするか?」と恒例の質問が飛んだ。中村は苦笑いしながら「何トライしますか?」と福岡を横目に切り出し「2トライずつはしてほしい。2人はトライ数で大会でトップの中にいるので、トライ数でトップを目指しながら、そこを意識してやってほしい」と厳命した。

 日本が誇る松島、福岡の快足WTB陣は“Wフェラーリ”と呼ばれている。1次リーグ4試合を終え、トライ獲得数で松島はトップタイの5トライ、福岡は4トライ。中村の予告通り2トライずつ挙げれば、トライ王に一気に近づくことができる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月18日のニュース