日本次戦激突のサモア、スコットランド戦で弱点露呈…2戦でイエロー4枚 規律の課題解消できず

[ 2019年10月1日 05:30 ]

ラグビーW杯A組   スコットランド34―0サモア ( 2019年9月30日    ノエビアスタジアム神戸 )

後半、タックルを受け、ボールを落とすサモアのS・ラム(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 1次リーグA組の1試合が30日に行われ、日本が次戦(5日)で対戦する世界ランキング15位のサモアは同9位のスコットランドに0―34で完敗。1勝1敗で勝ち点を5から伸ばせず4位に後退した。ペナルティー(認定)トライ(PT)2本などディシプリン(規律)の課題を改めて露呈。出場停止が3人となった上に中4日の条件で日本戦を迎える。初戦でアイルランドに敗れたスコットランドは今大会初勝利で1勝1敗とした。

 初戦のロシア戦で2トライを挙げたヒーローはこの夜、ツキがなかった。サモアWTBフィドウは後半16分、トライ寸前の相手モールを止めようと頭から突っ込んだが、横から入ったとされてPT&イエローカード(シンビン=10分間退場)。シンビンが解除されてピッチへ戻った同34分にはインゴールへダイブを試みた相手をタッチへ出そうと体をぶつけたが、膝から入る形になってしまい再びPT。2度目のイエローで退場処分となった。

 「トライを止めようとしたプレーで、イエローをもらおうとしたわけじゃない」。ジャクソン監督はかばったが、退場となったフィドウは少なくとも日本戦は出場できない。既にロシア戦で危険なタックルをしたフッカーのマトゥウとCTBリーロが3試合の出場停止となっており、ディシプリンの課題は解消されないまま。サモアがW杯で取られたPTは通算9個目で、歴代ワースト記録だ。

 この日はスクラムやモールを崩す反則も目立ち、ハンドリングエラーも多発してW杯通算30試合目で初の無得点。かつてサントリーやサンウルブズで活躍したSOピシは「タレントがそろう日本との対戦は楽しみ」と言いながらも、「絶対勝たないといけない。リカバリーが大事で試合ではボールキープが重要」と悲壮な決意を口にした。

 《8度目出場で初零敗》○…西サモア時代を含めて8大会連続8度目の出場のサモアがW杯で初の零敗。今大会でも全チームを通じて初めての無得点に終わり、自慢の展開攻撃が不発に終わった。スコットランドはW杯で4度目の完封で、南アフリカと並ぶ最多記録となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月1日のニュース