スティーラーズが4戦目で初勝利 QBルドルフ奮闘 ベンガルズは11年ぶり開幕4連敗

[ 2019年10月1日 12:24 ]

チームをけん引したスティーラーズのQBルドルフ(右)とRBコナー(AP)
Photo By AP

 NFLは9月30日、第4週の残り1試合をピッツバーグで行い、地元のスティーラーズが27―3(前半10―3)でベンガルズを下し、開幕4戦目でようやく初白星。肘の故障で今季の出場が絶望になったQBベン・ロスリスバーガー(37)に代わって第3戦から先発で起用されている2季目のメイソン・ルドルフ(24)が28回中24回のパスを通し、229ヤードと2つのTDをマークして勝利に貢献した。

 RBジェームズ・コナー(24)はラン(10回)で42ヤード、レシーブ(8回)で83ヤード(1TD)を獲得。同じくRBのジェイレン・サミュエルズ(23)もラン(10回)で26ヤード(1TD)、レシーブ(8回)で57ヤードを稼ぐなど、両RBがルドルフのメーン・ターゲットとなってオフェンスでリズムを作った。

 ベンガルズは11年ぶりの開幕4連敗。QBアンディー・ドールトン(31)は8度のサックを浴び(69ヤードのロス)、最後までTDを奪うことができなかった。

 なおこのカードは通算100試合目。通算成績はスティーラーズの65勝35敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月1日のニュース