スコットランド サモア零封で勝ち点5「最終的に日本に勝つ」

[ 2019年10月1日 05:30 ]

ラグビーW杯A組   スコットランド34―0サモア ( 2019年9月30日    ノエビアスタジアム神戸 )

前半、ゴール前まで攻め込むスコットランドのハリス(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 スコットランドがノルマをクリアしたのは後半34分だった。PTで4トライ目を奪い、勝ち点5を獲得。「ボーナス点を得たことで次のステージに近づいた」とタウンゼンド監督は素直に喜んだ。

 前回大会で3点差の辛勝だったサモアをシャットアウト。とはいえ、今大会初めてのトライは前半29分だった。「すぐに汗がしたたり落ちて、ボールも滑った」。フッカーのマキナリー主将がこぼしたように、屋根が閉まりサウナのような蒸し暑さの会場で自慢の展開ラグビーを阻まれ、ボーナス点が得られるか、ぎりぎりの戦いだった。

 9日のロシア戦後、日本戦は中3日で挑む。「2試合の準備を同時にして、最終的に日本に勝つという目標を持っている」と指揮官。決勝T進出に自信を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月1日のニュース