高橋、日本勢トップ23位も反省「まだまだ課題がある」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

トライアスロン 東京五輪予選 ( 2019年8月15日    お台場海浜公園周辺特設コース )

日本勢トップ23位の高橋は笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 日本勢トップの高橋はランで追い上げたが、スイムの出遅れが最後まで響いた。当日にランが5キロに変更となり「距離が短くなった分、スイムとバイクがアグレッシブになった。まだまだ課題がある」と反省。

 暑熱対策は今大会の1カ月前から練習直後に約40度のお湯に入るなど万全で「体温が一気に上がるという感覚はなかった」と振り返った。五輪代表の一発内定は逃したが「良い機会と受け止めて次につなげたい」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月16日のニュース