錦織、また初戦敗退…体調に不安「原因が分からない」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

テニス ウエスタン・アンド・サザン・オープン   男子シングルス2回戦 ( 2019年8月14日    米・シンシナティ )

西岡と対戦し、ポイントを奪われた錦織
Photo By 共同

 前週のロジャーズ・カップに続いて初戦敗退となった錦織は昨年4強の全米オープンへ弾みをつけられず「もう少し試合をしたかった。自信をつけて全米に向かいたかったので、少し不安は残る」と表情がさえなかった。

 不安を抱えていた右肘は「痛みがなかった」と回復を強調した一方で、7月のウィンブルドン選手権後から呼吸がしづらく体調が万全でないことを明かした。「チェックしないといけない。原因が何か分からないので、何とも言いようがない」と困り顔だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月16日のニュース