楢崎智、男子リードは4位 初の決勝進出に納得の表情

[ 2019年8月16日 05:30 ]

スポーツクライミング 世界選手権第5日 ( 2019年8月15日    エスフォルタアリーナ八王子 )

男子リード決勝、課題に挑む楢崎智亜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ボルダリングで金メダルを獲得した楢崎智は4位で、表彰台には届かなかった。「準決勝の疲れが取りきれずに持久力がきつかった」と振り返ったものの、世界選手権で初めて決勝に進出したこともあって「大きなミスが予選から出ていない」と納得の表情。

 16日は休養日で「ケアをして体のバランスを整えて、温泉に行ったりしようかな」と17日のスピード以降を見据えていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月16日のニュース