八村塁が明かす“神様”との秘話、画面表示「MJ」の声の主は…

[ 2019年8月16日 11:18 ]

八村塁
Photo By スポニチ

 バスケットボール男子、NBAウィザーズの八村塁(21)が16日、都内でトークショーを行った。

 6月にNBAドラフトで1巡目指名を受けた後、ナイキ社が展開する「ジョーダン・ブランド」と契約。“神様”マイケル・ジョーダン氏の名を冠している同ブランドとの契約時の秘話を明かした。

 契約するために本社を訪れた時、社員から通話中になっている携帯電話を渡された。画面に表示されていたのは「MJ」の文字。「MJって誰だ!?」と思った八村だが、声の主はなんとジョーダン氏本人だった。

 想像していなかった事態に、「ウェルカム・トゥ・ジョーダン・ファミリーって言われたことしか覚えていない」と八村。ひたすら「サンキュー」と返したという。

 31日開幕のW杯中国大会に日本代表のエースとして出場すると、10月にはいよいよNBAが開幕する。一番楽しみなことを聞かれると、「勉強しないでバスケだけできるところ」と笑わせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月16日のニュース