松山、独特の風対策がテーマ 「本来の全英」を体験できては収穫

[ 2019年7月18日 05:30 ]

11番でブッシュの中からのショットを試す松山英樹(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの海外メジャー最終戦、全英オープンは、18日に北アイルランドのロイヤルポートラッシュGC(7344ヤード、パー71)で開幕する。68年ぶりの北アイルランド開催。7年連続7度目の出場となる松山英樹(27=LEXUS)はリンクス独特の風対策をテーマに掲げた。

 17日は大学の後輩・金谷拓実(東北福祉大3年)と後半の9ホールをラウンド。ティーショットが大きく右に曲がるなど、激しい風雨の影響を受けながらも最終チェックを完了した。この日までは予想外の好天続きだったこともあり、「本来の全英」を体験できたことは収穫。アイアンショットの出来に不満を抱いており「そこを直せれば十分対応できる」と意欲をみせた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月18日のニュース