水球男子日本 残り4秒でまさかの失点…白星発進逃す

[ 2019年7月16日 05:30 ]

水泳世界選手権第4日 ( 2019年7月16日    韓国・光州 )

<日本―ドイツ。試合終了間際に同点に追いつかれ肩を落とす足立(中央)ら日本
Photo By 共同

 水球男子1次リーグの日本は初戦のドイツ戦に9―9で引き分け。試合終了まで残り4秒で失点して白星発進を逃した。

 会場には約200人の韓国人の観客が動員されたが、大半がドイツびいき。20代の韓国人女性は「貿易問題などで韓国と日本の関係は良くないので、日本の相手に声援を送る人が多い」と説明した。今後も韓国人の観衆が相手サポーターと化す可能性が高いが、ベテラン志水祐介(30=ブルボンKZ)は「過去にもアウェーは経験しているので、気にせずに集中できた」と強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月16日のニュース