白鵬 1敗キープ「連敗したくない気持ちだった」引退の安美錦には「技能派力士を育ててもらいたい」

[ 2019年7月16日 19:47 ]

大相撲名古屋場所10日目 ( 2019年7月16日    ドルフィンズアリーナ )

<大相撲名古屋場所10日目>玉鷲(右)を突き倒しで下した白鵬(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬が突き落しで玉鷲を下し、1敗を守った。立ち合いで張って、相手のおっつけを防ぐと、張り気味にいなしした。バランスを崩した玉鷲は土俵の外まで吹き飛ばされた。

 「連敗したくないという気持ちだった。自分の相撲に集中した」

 前日はモンゴルの後輩の逸ノ城に苦杯を喫したが、それを引きずらず「自分の一番にしっかり集中していこうと思っていた。それだけでした」と振り返った。

 この日、同じ一門の安美錦の引退が明らかになった。「新弟子の時から稽古をつけてもらった。ずっと土俵にいる感じだったので、引退と言われてもピンとこない」と寂しさをにじませた。そして「これから安美錦関らしい技能派力士を育ててもらいたい。それは安美錦関にしかできないこと」と期待した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月16日のニュース