柔道GP初優勝 女子48キロ級の古賀若菜、東京五輪へ「全ての大会で優勝」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

初のシニアの国際大会となったGPモントリオールで優勝し、成田空港に帰国した古賀若菜
Photo By スポニチ

 柔道のグランプリ(GP)モントリオール大会で、シニアの国際大会初出場初優勝を飾った女子48キロ級の古賀若菜(福岡・南筑高3年)が成田空港に帰国し、「優勝できて良かった。うれしい」と初々しい表情で語った。

 準決勝では16年リオ五輪金メダルのパレト(アルゼンチン)を破る金星。1年後に迫った東京五輪出場には今後も連勝し続けるしかないが「全ての大会で優勝できるように。近づけるように頑張ります」と闘志を燃やした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月10日のニュース