日本代表の丸山茂樹HC、石川遼の東京五輪出場を熱望「彼が出れば盛り上がる」

[ 2019年7月10日 18:53 ]

優勝した浅地洋佑(左)、池村寛世組
Photo By スポニチ

 フォアボール方式で行われた男子ゴルフの「ひかりTV4K FUNAIダブルスゴルフ選手権」が10日、千葉・平川CCで行われ、浅地洋佑(26=フリー)、池村寛世(23=ディライトワークス)組が14アンダーで優勝した。

 先週の日本プロ選手権でメジャー初優勝を果たした石川遼(27=CASIO)は後輩の星野陸也(23=フリー)と組んで12アンダーで3位に終わった。最新の世界ランクで300位から183位にジャンプアップ。来年の東京五輪出場の可能性も広がるなか「自分のやるべきことをやっていく。それだけ。それを続けていけば、いいゴルフができると思う」と話す。2020年東京五輪ゴルフ競技の日本代表ヘッドコーチ、丸山茂樹(49=セガサミーホールディングス)は代表入りを熱望。「彼が出れば五輪も盛り上がる。あと4回ぐらい勝てばチャンスあるだろう、と遼に言ったら、“はい。一緒に行きたい”と言われた」と明かした。

 石川は地区オープンの北陸オープン(19、20日、呉羽CC)、フューチャーゴルフツアー北海道(8月2、3日 北海道ブルックスCC)などに出場し、ツアー次戦の長嶋セガサミーカップ(8月22日開幕、ザ・ノースカントリーGC)を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月10日のニュース