幕内最軽量の炎鵬が3連勝 痛めた右も使って勝ち越しへ「腹はくくれている」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

大相撲名古屋場所3日目 ( 2019年7月9日    ドルフィンズアリーナ )

琴勇輝(左)を押し出しで破る炎鵬 (撮影・亀井 直樹) 
Photo By スポニチ

 幕内最軽量の炎鵬が3連勝とした。琴勇輝と立ち合いの呼吸が合わず3度目で成立。「合わせないと、と焦りがありました」。一時土俵を背負ったが、相手左腕をたぐって回り込み、押し出した。

 場所前に痛めた右肩は、支度部屋で入念にアイシング。「土俵に上がってしまえば怖さはない。右を使えば左も有効になる。腹はくくれている」。新入幕の先場所、7勝2敗から6連敗で逃した勝ち越しへ、着実に白星を積み重ねる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月10日のニュース