五輪チケット 再度抽選販売へ、8月と秋 先着順は中止

[ 2019年7月5日 05:30 ]

五輪チケットの再抽選販売について説明する2020年東京五輪・パラリンピック組織委の古宮副事務総長
Photo By 共同

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、五輪のチケットの抽選販売を8月と秋に改めて行うと発表した。6月20日に結果が発表された1次抽選販売で全て外れた人向けに、8月に抽選機会を設けるほか、秋に2次抽選販売を行う。予定していた先着順販売は行わない。また、1次販売で購入手続きが完了したチケットの総枚数は300万枚超であることも分かった。組織委は招致段階の計画で、国内外合わせたチケット販売枚数を約780万枚としている。

 「セカンドチャンス」と称する特別抽選は1次販売で全て外れた人が多数に上ったため、救済措置として急きょ実施を決めた。1次販売で1枚でも当たった人は除外されるため、不公平感を生まないよう申し込めるのは、1セッションのみ。抽選は8月22日に予定するパラリンピックのチケット申し込みの開始前に終わらせる。

 また、秋に予定する2次販売はインターネット上での先着順販売はシステムへの負荷が過大になる恐れが強まったため、中止して抽選販売に切り替えた。1次販売と同様、国内在住の全ての人が参加できる。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月5日のニュース