荒磯親方 休場貴景勝にエール「復活&10回優勝して」

[ 2019年7月5日 05:30 ]

7日初日大相撲名古屋場所

報道陣から贈られた誕生日ケーキに目を細める荒磯親方
Photo By スポニチ

 名古屋場所の前夜祭に荒磯親方(元横綱・稀勢の里=スポニチ本紙評論家)が参加し、現役時代の名古屋場所の思い出などを琴奨菊、豊ノ島とともに語った。

 前日の3日が33歳の誕生日で、収録後には報道陣からケーキを贈られ、「毎日勉強して、相撲協会のためにやっていきたい」と抱負を語った。右膝を痛めている貴景勝については「彼には復活してもらい、10回は優勝してほしい」と自らができなかったケガの克服を願った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月5日のニュース