仲宗根澄香がV 通算18アンダーのステップアップツアーの54ホール最少ストローク記録樹立

[ 2019年7月5日 15:39 ]

 女子ゴルフのステップアップツアー、スカイレディースABC杯最終日は5日、兵庫・ABCGCで行われ、単独首位で出た仲宗根澄香(27=環境ステーション)が66を出し、通算18アンダーでステップアップツアーの54ホール最少ストローク記録を樹立し、3年ぶりのステップアップツアー優勝を遂げた。

 2日目にステップアップツアーの18ホール最少ストローク記録の62をマーク。「昨日の自分と比べないようにしよう」と自分を戒めスタートすると、1番で1・5メートルを静手バーディー発進。最終18番もバーディーで締めるなど、ボギーなしで回った。2018年に河本結が山陽新聞レディースカップで出した通算14アンダーを4打も縮めたが、「18アンダーという間隔より、もっとああしたかった、こうしたかったというのがある」と喜びより先に冷静に分析した。

 昨年の予選会を失敗し、今季のレギュラーツアー出場は0回。プレーする場は限られていたが、3年前に優勝した相性のいい大会を再び制した。優勝賞金540万円を稼ぎ、賞金ランキングは2位に浮上。この位置をキープすれば来季のレギュラーツアーの前半戦の出場権を手にする。「これでステップアップツアーには今後も出られるし、楽しみです」と色白の顔に笑みを浮かべた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月5日のニュース