大坂なおみ、世界1位から陥落…在位5カ月で全仏女王のバーティに入れ替わり

[ 2019年6月24日 05:30 ]

全仏オープンの試合後、会見で浮かない表情の大坂なおみ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が24日付世界ランキングで現在のシングルス1位から陥落することが決まった。23日にネイチャーバレー・クラシック(英バーミンガム)でツアー通算6勝目を挙げた世界2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と入れ替わる。バーティは決勝でユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6―3、7―5で下し、初の1位となる。

 大坂は1月の全豪オープンで4大大会2連勝。1月28日付世界ランクでアジア勢初のシングルス1位となったが、その後にコーチのバイン氏と契約を解消。3月に得意のハードコートの大会で好結果を残せなかったことが響き、在位約5カ月で全仏オープン女王のバーティに明け渡した。大坂は2連覇を狙った3月のBNPパリバ・オープンで4回戦、苦手のクレーコートの全仏で3回戦敗退などツアー大会で決勝進出がなかった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月24日のニュース